知っておきたいアイロンがけの基本と少しのテクニック

ジャケットとニット

ジャケット

ハンガーに吊るしたまま「全体をスチームで浮かしがけ」が基本です。
霧吹きで全体を濡らしてからかけてもかまいません。
スーツなどのジャケットに関しては、アイロンを押す力は生地の上を流す程度にとどめましょう。
そうしないと圧力をかけすぎることによりアタリやコテビカリが出てしまいます。
背中やひじの内側の部分などは、アイロンを直接当てずに浮かしてスチームだけを当てるイメージでかけていきます。このとき少し引っ張りながら行うとしわが伸びます。
襟はアイロン台を使い、裏側から芯地を引っ張りながらかけます。
まだ熱いうちに形を整え、襟の表側のラインを決めていきます。
襟など芯が入っているところは一度折り目をつけてしまうと元に戻りにくいので気をつけましょう。

ニット

ウールなどは熱に弱いので、アイロンを直接当てるとテカリが出てしまいます。テカってしまったらもう元に戻すことはできませんので、絶対にしてはいけませんよ。
ですのでこちらも全体にスチームだけあてる浮かしがけが基本です。
のびてしまうので、ジャケットのようにハンガーにはかけずに行います。
ニット全体にまんべんなくスチームをかけ、蒸気を吸わせましょう。
スチームを浸透させて蒸らし、手で形を整えることにより、ずいぶんと見違えます。
それだけでも毛が起きてふっくらし、のびたそで口も元通りになります。
その後形を整え、含んだ蒸気が完全に乾くまで放置し、形を定着させて完了です。
もう一度言いますが、アイロンを直接あてることは絶対にせず、生地から浮かせるようにしてくださいね。


この記事をシェアする