知っておきたいアイロンがけの基本と少しのテクニック

パンツとスカート

パンツ

全体的にアイロンを浮かしてスチームをかけ、「腰回り」「膝部分」「すそに向かって」「すそ」とかけましょう。
スチームで緩んだ生地を少し引っ張りながら形を整えていきます。
熱いうちに繊維を引っ張ることにより、小さなシワを取ることができます。
折り目を正しくつけるため、あて布はアイロン自体に巻きつけましょう。
そうすることでかけている手元が見やすくなります。
まずアイロン台の先端を使い、胴回りを押さえがけします。
そして片足ずつ縫い目に合わせて置き、膝部分にアイロンを浮かせてスチームをあて、たるみを取ります。
それから表と裏の縫い目を合わせ、すそがずれないように股下あたりまで一気にプレスし、大まかに折り目を決めていきます。
その後しっかりと前後の折り目を付けていきましょう。

スカート

パンツと同様に全体的にアイロンを浮かしてスチームをかけましょう。「裏地」「腰回り」「すそに向かって」とかけていきます。
繊維は蒸気で膨らむため、少しのシワならスチームで簡単にきれいになります。
裏地をまず最初にかけてきれいにします。
アイロン台の細長い部分にスカートを入れてアイロンをかけます。
アイロン台はバスタオルを丸めて代用できます。
アイロンを軽く滑らせるようにして、スカートを回しながら少しずつかけていきます。
プリーツがある場合は、手で整えながら押さえがけをし、すそをアイロンで押さえます。
その際、すそを洗濯ばさみでおさえつつかけるとずれにくいです。
折り目がずれてしまわないよう、あて布はバスタオルなど大きなものを使用するときれいに仕上がります。


この記事をシェアする