知っておきたいアイロンがけの基本と少しのテクニック

生活にきちんと感をプラスする

ワイシャツ

アイロンがけの順番は「襟」「肩」「そで口・そで」「右前身ごろ」「後ろ身ごろ」「左前身ごろ」がかけやすく、形も崩れにくいです。
襟とそで口は、裏から先に作業しましょう。
そうするとしわが入ってしまっても目立たなくてすみます。
肩や身ごろはアイロン台の角に引っかけるようにして、少しずつ移動させながらかけるとしわになりにくいです。
右前身ごろはボタンの間にアイロンを差し込むようにかけます。
背中のタックは、アイロンを当てる前に手で形を整えましょう。アイロンは上から押さえるようにします。
左前身ごろは空いた手で縫い目を引っ張りながら端から中央に向ってかけ、その後熱いうちに全体の形を整えます。
人目に付くところは特に念入りにアイロンをかけたいところです。

ブラウス

アイロンがけの順番は「肩周り」「そで口・そで」「襟」「後ろ身ごろ」「前身ごろ」がかけやすいです。
肩周りとそでにアイロンをかけつつ、その流れで襟もかけましょう。
ギャザーやフリルの襟などは、アイロンの先端を使ってスチームをあてます。
アイロン台のカーブを上手く使って立体的に仕上げましょう。
次に後ろ身ごろを裏からかけ、前身ごろの脇部分もあわせてかけます。
ギャザー部分はアイロンで押してしまうとシワになりやすいので、スチームを軽く送り込みます。
前立てにボタンがないシャツであれば、裏側からアイロンがけするとやりやすいですよ。
しっかりとシワをのばしたいところなので、ひっばりながらアイロンを当てていくのがポイントです。
ボタンの付いたものはボタンを避けながらかけるので少し手間がかかりますが、細かくアイロンを動かしてかけていきましょう。


この記事をシェアする