アイロン掛けのスピードアップ!衣類別のアイロンの掛け方

知っておきたいアイロンがけの基本と少しのテクニック

ワイシャツとブラウス

皆さんはアイロンがけは得意ですか。
最近はアイロンがけが必要のない商品なども出回り、あまりする機会がなくなった方もいらっしゃるかもしれませんが、着ようと思ったらしわしわになっていた、という状況に遭遇した時のために、覚えておいて損のないアイロンがけの基本とアイテムごとのコツを見てみませんか。
まず基本となることをお伝えします。
・絵表示を確認して、適温でかけましょう。
熱に弱い生地もあります。
低温からかけるのが基本です。
・まだ湿気があるうちにかける。
乾いた衣類はしわがとりにくいです。
洗って脱水をかけた直後がアイロンのかけ時です。
・アイロンをかける前に、まずその衣類を整えましょう。
それだけでずいぶんとアイロンがけがしやすくなりますし、余計なしわも作りません。
・スチーム機能とドライ機能を使い分けましょう。
ずっとドライにしがちですが、スチームは使い勝手のいい武器です。
・細かい部分からかけていきましょう。
はじめに広い面をかけると、後々ずれてまたシワになってしまう可能性があります。
・基本は押しがけです。
少し力を加えてプレスすると、きれいに仕上がります。
・縫い目を引っ張り、布地がたるんだままかけないようにしましょう。
シワができてしまうのを防ぐため、引っ張ったり生地を移動させたりして、たるみを作らないことが成功の秘訣です。
・アイロン後すぐにたたまないようにしましょう。
新たなシワがついてしまいます。
熱や蒸気が飛んでからしまいましょう。
以上のことを踏まえて、それぞれのアイテムのコツを見てみましょう!